【日本\(( °ω° ))/ヲワタ】 スバル 燃費検査でデータ書き換えか?!

SUBARU(スバル)は20日、出荷前の自動車に関する社内の燃費検査でデータの書き換えがなかったか調査を始めると発表した。検査を担当する社員の一部から指摘が出たため。同社では、新車の性能を最終チェックする完成検査業務を無資格者が行う不正行為が判明。燃費測定でも不正が裏付けられれば、スバルの信頼をさらに揺るがすことになる。

このニュースを受けてネットでは、

「スバリスト20年超ですが、燃費が悪くても、高くても安全安心で売れるんだからいいじゃんと最近のディーラー社員に不思議な自信か高慢さを感じることがあります。今回の件はいいお灸でしょう。もうちょっと謙虚にいきましょう。」

「燃費で選ぶ車をメインで販売している訳ではないが、数値の改ざんは改ざん。燃費を意識して車を購入する人が多い時代であるだけに責任は大きい。どんなメーカー、車、だから許されるではなく、改ざんの事実があるのなら、スバル車を購入してくれた人たちに対し、説明とお詫びをするべきだと思う。」

「他にも隠蔽していそう。」

「三菱の燃費偽装が発覚した時にスズキ以外は問題ないと自己申告してましたよね?国交省様へ要望です。全メーカー立ち入り検査をしたら如何ですか?燃費より重要な事を改ざんされてたら笑えませんよ。」

「スバル車が燃費良いはずないし。」

「スバルはすごく真面目で絶対裏で隠し事なんてしないと思っていたんだけどな。真面目な人が不倫したときと似たようなショックがあるな。」

「スバリストという言葉があるほどコアなファンがいるメーカー。ファンは燃費は気にしていないかもしれないが、隠ぺいは隠ぺい。三菱は悪者という風潮が定着してしまったが、他メーカーも隠すのがうまいだけで、実は似たり寄ったりなのかもしれない。」

「今年スバル車買ったけど、残念で仕方ない。確かに燃費が一番良いと思って買ったわけではないけど、通勤で使うから軽視もしていなかった。営業の人にそこまで悪くないですよって言われて信じた自分が馬鹿だったんだなぁ。。。と良い教訓になりました。」

など、多くのコメントが書き込まれている。