麻生財務相「確実に5年間でデフレ脱却が進んでいる」発言もネットでは非難の声www

麻生太郎財務相は26日の記者会見で、第2次安倍晋三内閣の発足からこの日で5年を迎えたことを受け、これまでの経済政策を振り返り、「確実に5年間でデフレ脱却の動きが進みつつある」と評価した。

このニュースを受けてネットでは、

「物やサービスの値段は少し上がった気がするけど、手取り収入が上がってない」

「住宅の建設価格、車の価格など10パーセント以上上がってるぞ もう、インフレなんじゃないのかな インフレなのにサラリーマン給与が上がらない事実を隠してるだろ」

「給料は上がらないな 大企業じゃないと民主党政権時代と別に変わらん」

「どこが? 物価は高いけど給与は横ばい、全く実感出来ない」

「実感できるのは、ランチの値段が上がって、生活苦しくなったことだけ。 内部留保が多いのは、


誰も信用してないって事。」

「自民の長期政権で貧富の差が広がっただけ。」

「デフレ脱却って思ってないくせに。立場上そういわないとね。」

「なのに日銀が月額5000億円株を買い続ける理由ってあるのかな」

「上手くいくかな?人口減少が待っているよ。」

「円安による原材料費の上昇が殆どで、人件費上昇はほんの少しで、財サービス価格の上昇してる訳であって、これでどうデフレ脱却?それにデフレ下での好景気なんて、あり得るのか?フェイクニュース的にはあり得るかも知れんが。」

など、多くのコメントが書き込まれている。